店舗数が5年で38%減!?一世を風靡したフットウェアブランド「クロックス」の現在

店舗数が5年で38%減!?一世を風靡したフットウェアブランド「クロックス」の現在

気軽に外へ出かけたいとき、重宝するのがサンダル。

2002年に誕生し、フットウェアの新ジャンルを確立したのが「クロックス」(ティッカーシンボル:CROX)です。

会社HP

クロックスは当初舟遊び用のビーチサンダルとして開発され、そのユニークなデザインとは着心地の良さが評判となって爆発的に普及。

これまでに世界90カ国で累計6億足以上を販売してきました。

店舗数が5年で38%減少も、通期売上10.9億ドルで4年ぶり増収

世界を代表するフットウェアブランドとなったクロックスですが、実は近年業績が悪化していました。

2014年をピークに2017年まで減収が続き、3年連続で営業赤字も計上しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

3年連続減収も営業黒字化「サマンサタバサジャパンリミテッド」2019年2月期決算

3年連続減収も営業黒字化「サマンサタバサジャパンリミテッド」2019年2月期決算

注目企業

サマンサタバサ(証券コード:7829)の2019年2月期本決算が発表されました。

靴下だけで売上150億円!多くの設備投資や配当にも関わらずキャッシュリッチな「タビオ」の業績を調べる

今回は靴下専門ブランド「靴下屋」を展開する「タビオ」について取り上げます。

ショッピングモールや大型商業施設などで見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。