「LINE」通期決算:1日で若者の9割にリーチできる広告商品を正式スタート

「LINE」通期決算:1日で若者の9割にリーチできる広告商品を正式スタート

決算まとめ

メッセージングアプリ「LINE」が2019年通期決算を発表しました。

売上収益は2,275億円(前年比+9.8%)、営業損益は△390億円の赤字(前年は161億円の黒字)。当期損失は△514億円の赤字となり、積極投資の1年を終えました。

月間アクティブユーザー数(MAU)を見ると、日本が8,300万人、タイが4,500万人に拡大。全体としては1億6,400万人で横ばいです。一方、DAU/MAUは79%と、前年から2ptも上昇。

地域別売上では日本国外が29%を占めました。前年同期は海外31%だったので、より日本の売上が拡大していることになります。

売上構成を見ると、「コア事業・広告」が337億円(+16.2%)、「コア事業 ・その他」が181億円(+3.4%)となりました。戦略事業の売上は90億円と、前年から縮小しています。

営業利益率では「コア事業」全体が12.8%となった一方、戦略事業は△141億円の赤字となりました。

ディスプレイ広告は前年比+65%

続いては、各部門の概況を確認しましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン