マイカルテのDL数42.3万回!糖尿病治療のサポートアプリも提供する「Welby」が新規上場

マイカルテのDL数42.3万回!糖尿病治療のサポートアプリも提供する「Welby」が新規上場

IPO

今回は2月27日にマザーズ市場への上場が承認された「Welby」(証券コード:4438)についてまとめていきます。

創業は2011年、2018年の通期売上は8.1億円(+70.2%)

Welbyは2011年に現在の代表である比木武氏が創業した企業です。

代表の比木武氏は、最近IT☓医療分野で増収を続ける「メドピア」の立ち上げメンバーでもあります。

(Welby 企業情報)

比木武氏は患者と医師の間で病状への理解などにおいて非対称性があることに着目。

これを解決するために「Welby」を創業しました。

現在は疾患治療のためのサポートアプリを提供しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

Netflixレベルの満足度!糖尿病管理サービス「Livongo」新規上場!

Netflixレベルの満足度!糖尿病管理サービス「Livongo」新規上場!

IPO

アメリカではジャンクフードなどの食べ過ぎで肥満体質の人が増加傾向にあります。今回はそのトレンドをオンデマンドサービスに繋げ、先日に上場申請を果たした「Livongo」についてです。

ついに売上1,000億円突破「エムスリー」2019年3月期本決算

ついに売上1,000億円突破「エムスリー」2019年3月期本決算

売上がついに1,000億円を突破したエムスリーの2019年3月期本決算についてスライド3枚でサクッと見てきます。

売上は1,131億円(前期比+19.7%)、営業利益は308億円(前期比+3.7%)となりました。営業利益率は27%と直近5年の中では最低。コスト構造を見ると販管費の上昇が営業利益を圧迫しています。販管費増加の背景には製薬・医療機器企業向け営業チームの強化などがあります。