海外旅行の取扱高が大きいのはどこ?観光庁のデータから主要旅行業者の取扱高を比べてわかった真実とは

海外旅行の取扱高が大きいのはどこ?観光庁のデータから主要旅行業者の取扱高を比べてわかった真実とは

ニュース図解

交通手段が発達した現代、まとまった休みが取れたら多くの人が行くのが「旅行」です。

近年はインターネット取引も発達し、オンラインで旅行(航空券や宿泊)を予約する「OTA(オンライン旅行代理店)」が急速に成長しています。

参考:Eコマース市場まとめ

日本国内の消費者向けEコマースの市場規模は全体で16.5兆円ほどあり、そのうちオンライン旅行サービスは3.4兆円ほど。

たった1ジャンルでEC全体の20%を占める巨大市場となっています。

観光庁の調査によると、2017年度における主要旅行業者の取扱額を合計すると5.5兆円ほどあるそうです。

オンライン旅行サービスの市場規模が3.4兆円ですから、主要旅行代理店の取扱高のうち、かなりの部分が既にオンライン化されているようです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン