フランチャイズ店を開くなら何がいい?日本のあらゆるフランチャイズ業態の店舗あたり売上を計算してみた

フランチャイズ店を開くなら何がいい?日本のあらゆるフランチャイズ業態の店舗あたり売上を計算してみた

最高の資料を見つけてしまいました。

日本フランチャイズチェーン協会が1983年分から出しているフランチャイズチェーンの統計データです。

断っておきますが、今回取り上げるデータは「フランチャイズチェーン」のものですから、直営店や個人店などは含まれません。

それでも、自分が独立してフランチャイズオーナーになるなら何がいいか?くらいの気持ちで見るとなかなか面白いです。

資料によると、日本全国には26.3万店ものフランチャイズ店舗が存在します。

1983年度時点では6.7万店舗だったので、30年でおよそ4倍に膨れ上がったことになります。

26万店舗のうち大きいのは、一般的な「小売」店舗。スーパーマーケットやコンビニなどですね。

外食チェーンは5.9万店舗、クリーニングや美容室などのサービス店は9.5万店舗となっています。


カテゴリーごとの売上合計も見てみましょう。

小売チェーンの売上合計は18兆円と圧倒的に大きいですね。

一方、外食とサービス業はそれぞれ4.2兆円、3.2兆円ということで、店舗数のわりには売上が小さくなっています。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

スライド3枚でざっと見る「壱番屋」2019年2月期本決算

スライド3枚でざっと見る「壱番屋」2019年2月期本決算

カレーチェーンを運営する「壱番屋」の2019年2月期本決算が発表されました。

12年連続で増収増益を達成!とんかつ「かつや」を運営する「アークランドサービスHD」

12年連続で増収増益を達成!とんかつ「かつや」を運営する「アークランドサービスHD」

注目企業

今回のエントリでは、「かつや」を運営する「アークランドサービスホールディングス」(証券コード:3085)についてまとめていきます。 

2007年の上場以来12年連続で増収増益を続けていることで多くの経営者や投資家から注目を集めている同社。 

東大合格者の「2.8人に1人」が東進生!フランチャイズで全国1000校以上を展開する教育大手「ナガセ」

今回は、大手予備校「東進」で有名な(株)ナガセについてまとめていきたいと思います。

東進は、東大現役合格者の「2.8人に1人」を占めるなど、今や「駿台」や「河合塾」にも劣らない実績をあげている大学受験予備校です。