「トランプvs中国」で追い風!5G設備で米国10%増収の「エリクソン」2018年決算

「トランプvs中国」で追い風!5G設備で米国10%増収の「エリクソン」2018年決算

今回は世界最大手の通信設備メーカー「エリクソン」の最新決算をピックアップします。

決算説明資料

3年ぶりに増収増益を達成(売上2.6兆円、営業利益145億円)

エリクソンは1876年にスウェーデンで生まれた老舗テクノロジー企業です。

History

電信器の修理屋として始まり、固定回線のインフラ整備から端末開発まで手がけてきました。

2001年からソニーと合弁で「ソニー・エリクソン」として携帯電話を販売していましたが、2011年に撤退(ソニーに株式を売却)。

現在は携帯基地局の開発に特化し、世界中の通信インフラを支えています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン