3年で売上7倍!音楽ストリーミングで成長するカカオトーク運営会社「Kakao」

3年で売上7倍!音楽ストリーミングで成長するカカオトーク運営会社「Kakao」

今回とりあげるのは、韓国の大手インターネット企業「Kakao」です。

前身は韓国2位のWebポータル「Daum」の運営会社で、会社自体は1995年に始まっています。

韓国で圧倒的なシェアを握るチャットアプリ「カカオトーク」は、2006年に前身となる「IWILAB」が設立され、カカオトーク自体は2010年にスタートしています。

2014年には両社が合併して「Daum Kakao」となり、2015年に社名を「Kakao」に変えました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

売上成長率39.4%!「Tencent Music Entertainment」2019年1Q決算

売上成長率39.4%!「Tencent Music Entertainment」2019年1Q決算

中国最大の音楽ストリーミングサービスを展開する「Tencent Music Entertainment」(ティッカーシンボル:TME)が決算を発表しました。

有料会員が1億人超え!  「Spotify」 2019年1Q決算

有料会員が1億人超え! 「Spotify」 2019年1Q決算

世界最大級の音楽サービス企業「Spotify」(ティッカーシンボル:SPOT)が2019年1Q決算を発表しました。