13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

CPU業界の巨人「インテル」(ティッカーシンボル:INTC)が2018年通期決算を発表したのでまとめていきます。

2018年4Q決算説明資料


通期売上708.4億ドル(+12.9%)、営業利益率が32.9%に上昇

インテルは2016年から右肩上がりに業績を伸ばしています。

2018年の通期売上は前年から12.9%増の708.4億ドル、営業利益も233億円まで増加しました。

営業利益率も過去最高水準の32.9%まで上昇し、好調ぶりが伺えます。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。