ビズリーチ運営のビジョナルが上場へ:中核事業は高収益、HRMOSも成長

ビズリーチ運営のビジョナルが上場へ:中核事業は高収益、HRMOSも成長

IPO 関連資料

転職サイト「ビズリーチ」を手がけるビジョナルが3月17日、東証マザーズへの新規上場を承認された。上場日は4月22日を予定している。

いわゆる日本のホワイトカラーと呼ばれる社会人であれば、ビズリーチの存在を知らない人は少ないだろう。

日本は終身雇用が主流で、特に管理職レベルにおいて労働市場の流動性は低い。そんな中に、企業が人材に直接アプローチする「ダイレクトソーシング」を持ち込んだのがビズリーチだ。

このような採用活動について、ビズリーチは「ダイレクトリクルーティング」という言葉を創出、商標登録もしている。

彼らはどのようにして、ハイキャリア人材を中心とする人材プラットフォームを成功させたのだろうか。SaaS事業として展開する『HRMOS』シリーズなどと合わせ、目論見書の内容を中心にご紹介したい。

「楽天野球団」立ち上げを経験

創業者の南壮一郎氏は1976年生まれ。父親の転勤にともなって少年時代をカナダで過ごした後、中学生の頃に日本に帰国した。

大学ではアメリカにタフツ大学に進学。日本での知名度は高くないが、ボストンにある名門私立大である。卒業後はモルガン・スタンレーの東京支社で働き始め、2001年には香港・PCCWグループに転職。

ITバブルが弾けた頃、南氏はかねてより持っていたスポーツ業界に入りたいという思いを強くする。紆余曲折をへて、2004年に楽天野球団に入社。創業メンバーとして、球団の立ち上げに携わった。

そこで成果を残した後、その後の人生について改めてじっくり考えたという。転職サイトも使ってみたが、満足のいくものもなかった。もともと起業志向があったわけではないというが、これが結果として「ビズリーチ」創業に結びつくこととなる。

「求職者」にフォーカスした転職サイト

ビズリーチの設立は2007年8月。会社を作ってからも、転職活動をしたりもしていた。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン