前年比63%の増収!TVCM効果でユーザー1.5倍に拡大した「ロコンド」2018年度3Q決算まとめ

前年比63%の増収!TVCM効果でユーザー1.5倍に拡大した「ロコンド」2018年度3Q決算まとめ

注目企業

今回は、靴を中心にオンライン通販事業を展開する「ロコンド」の2018年度3Q決算についてまとめたいと思います。

まずは、事業内容をざっくりとおさらいしましょう。

メイン事業である自社マーケットプレイス『LOCONDO.jp』のほか、楽天やヤフーでは『LOCOMALL』として出店もしています。

また、ブランドECの受託サービス『BOEM』や、店舗向けに欠品の直送サービス『LOCOCHOC』なども展開しています。

四半期の取扱高は38億円(前年+53%)、売上は17.1億円(同+63%)に加速

全体の取扱高は四半期で38億円と、前年同期から53%も拡大しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

Twitterで大口をふるう田中社長の戦略は功を奏しているのか?ロコンドの決算数値を分析!

かねてよりワッチしている「靴」を中心としたオンライン通販企業、「ロコンド」の決算が出たのでまとめておきたいと思います。

ロコンドはいつからか、社長である田中裕輔氏のTwitterでの発言が目立ちますが、そうした面での良し悪しはおいておいて、「事業の状況」について数字ベースで考えてみたいと思います。