リアルタイム銃撃検知のSaaS企業!アメリカ警察の積極的な導入で53%増収の「ShotSpotter」

リアルタイム銃撃検知のSaaS企業!アメリカ警察の積極的な導入で53%増収の「ShotSpotter」

注目企業

今回は2017年6月にNASDAQに上場し、アメリカで銃撃検知サービスを提供する「ShotSpotter」(ティッカーシンボル:SSTI)についてまとめていきます。

ShotSpotterは1996年にアメリカ・サンフランシスコで設立された企業です。

銃撃検知サービスの中では世界トップのシェア。


その評判は良く、ニューヨークやシカゴなどの警察でも導入されています。

2都市の警察機関に加えて88都市、77の警察機関が導入。

全米の警察機関が積極的に導入を進めているサービスとなっています。

2017年6月にはNASDAQへの上場を果たしています。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン