3年で売上が2.5倍に増加!受託・公的保育への参入で売上を拡大している「ライク」

3年で売上が2.5倍に増加!受託・公的保育への参入で売上を拡大している「ライク」

今回は、人材派遣や受託保育などを手がけている「ライク」(証券コード:2462 )についてまとめていきます。

ライク

創業者は岡本泰彦氏です。

広島県福山市出身で、1985年に関西学院大学法学部を卒業しています。

新卒として広島銀行に入行し、銀行員として様々な業界・業種の人と接する中で、多額の資金が不要かつ資金繰りも安定する旅行業に可能性を見出します。

広島銀行で3年間勤務したのちに退行。

その後は旅行会社に入社しノウハウを身につけ、1993年、パッケージ旅行の企画会社である株式会社パワーズインターナショナル(現:ライク株式会社)を創業しました。

1995年、携帯電話ブームの予感を察知して、旅行代理店の窓口で携帯電話の販売をしていくようになります。

しかし、携帯電話業界に携わる中で「携帯ショップの販売員はやりたくてそこに立つような人間ではなく、仕方なくやっている状態である」ことに気づきます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

幼児教育の無償化が追い風に 2,000会場で体育指導を実施「幼児活動研究会」

幼児教育の無償化が追い風に 2,000会場で体育指導を実施「幼児活動研究会」

注目企業

幼児活動研究会(証券コード:2152)は、幼児向けの体育指導(スポーツクラブなど)を展開する企業です。

幼児への体育指導を行なう「幼児活動研究会」1972年に山下孝一氏によって創業されました。きっかけとなったのは、山下氏が幼稚園で子供に体操を教えるアルバイト。そこで感じた喜びを仕事にしようと、幼児活動研究会を作りました。現在は幼児への体育指導を中心に、保育所の運営や幼稚園へのコンサルティングを行なっています。

保育園の運営で毎年10%以上の増収を続ける「JPホールディングス」

保育園の運営で毎年10%以上の増収を続ける「JPホールディングス」

注目企業

東京都などを中心に待機児童問題が注目を集める昨今。今回紹介する「JPホールディングス」は待機児童問題を追い風として業績伸ばしている企業です。

毎年10%以上の売上成長率をキープ