営業利益35%増加もそのほとんどは含み益?ソフトバンクの2017年度2Q決算まとめ

昨日、ソフトバンクグループの2017年度上期の決算が出たので、チェックしてみます。

代表の孫正義氏の決算説明プレゼンは素晴らしいですが、あまりにエンタメ過ぎてデフォルメされている部分もあり、ファクトの把握には適していない面があります。

なので本エントリでは、淡々と事実を並べていきたいと思います。

まずは全体業績の変化です。

売上高は4.27兆円から4.41兆円ということで、3.3%の増加となっています。

営業利益は6473億円から8748億円へと2000億円増加し、増加率も35.1%にのぼっています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

NVIDIAの含み益が3460億円!スプリントの経営権譲渡を発表したソフトバンクGの2017年度決算まとめ

今回は、昨日決算が発表された「ソフトバンクグループ」についてまとめていきたいと思います。

例年、孫正義社長の決算発表は見てて面白いのですが、誇張された部分も多くてあまり客観的とは言えない部分も多くあります。