世界3位のSaaS企業「Workday」を創業!知られざるビジョナリー経営者デイブ・ダッフィールドとは(前編)

世界3位のSaaS企業「Workday」を創業!知られざるビジョナリー経営者デイブ・ダッフィールドとは(前編)

特集

日本ではそれほど注目されているとは言い難いですが、SaaSとして「Workday」は世界有数の企業です。

時価総額は350億ドルもあり、売上規模でもSalesforce、Adobeに続いて3番目に大きなSaaS企業です。(ストクリ調べ。アメリカ上場企業のみ)

2018年の「Fortune Future 50」ではNetflixなど数多の企業をおさえてトップに輝くなど、名実ともに未来を創っていく企業の一つと言えるでしょう。


1941年生まれのダッフィールドは、創業した会社を2社以上上場させたシリアル・アントレプレナー

Workdayの創業者は、デイビッド・ダッフィールド(Dave Duffield)とアニール・ブースリ(Aneel Bhusri)の二人です。

ダッフィールドは1941年生まれの77歳、ブースリは1966年生まれの52歳ということで、二人ともかなりシニアですね。

実をいうと、ダッフィールドは非常に経験豊富なシリアルアントレプレナーで、代表的なのが「Integral Systems(1972年創業)」と「PeopleSoft(1987年)」の二社です。

PeopleSoftはかつて、オラクルに次いで大きなエンタープライズ・ソフトウェア企業に成長しましたが、2003年にオラクルが敵対的買収を宣言

強く抵抗して訴訟にまでもつれ込んだものの、2004年にオラクルによる買収が成立。買収額は103億ドルにものぼりました。


Workdayのもう一人の創業者であるアニール・ブースリも、1993年よりPeopleSoftで働き始め、若くしてSVPの地位にのぼりつめた人物です。

1999年からは老舗ベンチャーキャピタル「グレイロック・パートナーズ」でアドバイザリー・パートナーも務めています。

2008年以来、6回もミダス・リスト(ベンチャー・キャピタリストのランキング)にランキング入りするなど、ベンチャー投資家としての実績も豊富です。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン