『銀のさら』はシェア50%!多ブランド「複合化戦略」で売上200億円を目指す「ライドオンエクスプレス」

『銀のさら』はシェア50%!多ブランド「複合化戦略」で売上200億円を目指す「ライドオンエクスプレス」

今回は『銀のさら』などを運営する「ライドオンエクスプレスホールディングス」(証券コード: 6082)に迫ります。

公式HP


始まりは意外にもサンドイッチ屋さん。18/3期の売上は191.4億円(+6.4%)

今では宅配寿司でおなじみのライドオンエクスプレスですが、その始まりは意外にも「サンドイッチ屋さん」でした。

現在も社長を務める江見朗氏は高校卒業後にアメリカで7年近く寿司職人として働き、30歳のときに日本へ帰国。

1992年4月に副社長の松島和之氏と岐阜でサンドイッチ店「サブマリン」をオープンします。

当時はサブウェイなども進出しておらず競合が少なかったため、10店舗以上を構えるまでに成長。

夜の時間帯に売上が伸びない状況を打破するため、彼らは1998年に宅配寿司事業へ参入しました。

企業トップが語る!人生波乱万丈

名古屋を中心にフランチャイズ店舗を広げていき、2000年に『銀のさら』の商標を取得、その翌年から全国展開を開始します。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

フードデリバリーから民泊まであらゆるサービスを扱う中国ユニコーン「美団点評」が香港に上場

中国の代表的なユニコーン企業、「美団点評(Meituan Dianping)」が香港証券取引所へのIPOを申請しました。

美団点評は、2015年に「美団(Meituan Corporation)」と「点評(Dianping Holdings)」が合併してできた会社です。

2012年創業から3年でユニコーンに!アメリカの食料品デリバリーサービス「Instacart」の歴史

スタートアップ

今回は、アメリカのユニコーン企業「Instacart」についてまとめたいと思います。

Instacartのサービスを一言で表すと、「食料品買い物代行&デリバリー」。