フリマアプリやZOZOTOWNとの差別化は?ブランドリユース事業を展開するデファクトスタンダードの戦略

今回は、オンラインでのブランド品の買い取りと販売を手がけるデファクトスタンダードについて取り上げます。


2004年に設立され、2007年より個人買取事業(リユース事業)を開始。

同年にはメディア事業として展開していた「オークファン」を分社化。その後はリユース事業に特化し、2016年に東証マザーズに上場。


現在は、ブランド買取サービス「ブランディア」やブランド専門オークション「ブランディアオークション」などを展開しています。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ZOZOTOWN並みにテイクレートが高い!世界最大のラグジュアリーEC「Farfetch」がNYSEに上場

ロンドンを本拠地とするラグジュアリー・Eコマースサイト「Farfetch(ファーフェッチ)」がニューヨーク証券取引所に新規上場することが発表されました。