日本の農産物流通を変革する!農業ベンチャー初の上場企業「農業総合研究所」

日本の農産物流通を変革する!農業ベンチャー初の上場企業「農業総合研究所」

今回は「農業総合研究所」(証券コード: 3541)を取り上げます。

公式HP

彼らは農家との幅広いネットワークを有しており、スーパーマーケット内にある『農家の直売所』などへ農産物を提供しています。

脱サラ、八百屋、そして農業プラットフォーマーへ。今期の売上は23.1億円(+39%)

農業総合研究所の創業者・及川智正氏は1975年生まれの43歳。

関東で生まれ育ち、農業大学を卒業後は工業用ガスを扱う専門商社「巴商会」に就職しました。

約6年間勤務した後、結婚をきっかけに和歌山へ移住して農業を開始します。

(参考「年収1億円の農家を生む直売所の奇跡」)

キュウリ農家として農協へ出荷する日々でしたが、2年後に独立して販売まで自身で行なうようになります。

ドアノック営業等のハードワークも重ねる中で徐々に手応えをつかみ、2007年に農業の営業代行コンサルタントを行なう「農業総合研究所」を設立しました。

取引先企業を着実に増やしていき、東京や大阪など大都市圏ではスーパーマーケット内に『農家の直売所』コーナーを設置にすることに成功します。

農家の直売所

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事