「LINEマンガ」の流通元!ガラケー時代の着うた配信から事業をシフトしたメディアドゥの電子書籍流通事業とは

今回は、「電子書籍流通事業」という少しわかりにくいビジネスを展開するメディアドゥについて取り上げます。

メディアドゥの歴史

1996年に名古屋市で(有)フジテクノとして設立され、1999年にメディアドゥとして株式会社化されます。

2000年10月にはパケット通信量削減システム「パケ割!」を開発したほか、2004年7月には着うた配信サービスを開始するなど、ガラケー向けのサービスが中心でした。

2006年にはコンテンツ配信システム「md-dc」を開発し、電子書籍配信サービスを開始。

2007年にはコンテンツ配信プラットホーム「Contents Agency System(CAS)」の提供を開始し、2010年にドコモの電子書籍ポータル「iMenuブック」にCASを提供。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

「漫画村」閉鎖で36.8%増収!「メディアドゥHD」2019/2期3Q決算

「漫画村」閉鎖で36.8%増収!「メディアドゥHD」2019/2期3Q決算

今回は電子書籍の取次大手「メディアドゥホールディングス」(証券コード:3678)が2019年2月期3Q決算をピックアップします。

四半期売上129.8億円(+36.8%)、営業利益4.2億円(営業利益率3.3%)

LINE Payの決済高は83%成長!増収するも営業利益は減少した「LINE」2018年2Q決算まとめ

6月にカンファレンスでLINE Payの手数料を一定期間無料にするなど大発表をした「LINE」の決算発表があったので、早速見ていきたいと思います。