「神の手」で話題になりつつも中核事業は「電子雑誌」のブランジスタ

今回は、電子雑誌やスマホクレーンゲーム「神の手」を手がけるブランジスタについて調べます。

2017/9期決算説明資料より)

まずは軽く歴史を振り返ります。

2000年11月、親会社のネクシィーズのメールマガジン会員の運営を目的にイデアキューブ(株)が設立されます。

2005年にはプロ野球球団「福岡ソフトバンクホークス」のファンクラブ運営業務を受託。

2007年、ネクシィーズと芸能プロダクション(株)レプロエンタテインメントの共同出資により旧ブランジスタが設立。

旧ブランジスタで大人の女性の旅をナビゲートするトラベルマガジン 電子雑誌「旅色(たびいろ)」を創刊すると、イデアキューブで「旅色」掲載施設の広告取次業務を開始。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン