公園内のホットドッグ屋台からはじまり、日本にも進出した高級ハンバーガー店シェイク・シャックとは

今回は、日本でも店舗展開を始めた高級ハンバーガーチェーン「Shake Shack」について調べます。

はじまりは2001年、ニューヨークのマディソン・スクエア・パークでホットドッグの出店を始めたときにさかのぼります。当初から人気は大きく、ファンが行列を作っていたと言います。

創業者はユニオンスクエア・ホスピタリティ・グループの創業者でもあるダニー・マイヤー(現チェアマン)と、その事業部長だったランディ・ガルッティ(現CEO)の二人。

2004年になると公園内に定常型のキオスク「Shake Shack」を設置。ハンバーガーやホットドッグ、フローズン・カスタード、シェイク、ビール、ワインなど、「伝統的なハンバーガー店の新鮮・高品質版」として展開します。

当初はニューヨークだけで営業していました。しかし、2009年には不況にも関わらず1店舗の売上が400万ドル(4億円強)に。これはマクドナルドの平均である200万ドル強のおよそ2倍になります。この辺りから本格的な拡大を目指すようになります。

参考:Shake Shack Founder Expands His Empire

いわゆるデラウェア法人が設立されたのは2014年9月のことで、そこから3ヶ月後の2015年1月にニューヨーク証券取引所への上場を果たします。上場するための法人を作ったという感じですね。

それではShake Shackの事業数値を見てみたいと思います。



業績推移

業績推移をみると、売上成長率40%以上という高い成長率を続けています。

規模としては売上2.7億ドル、営業利益2780万ドルとあまり大きくはありません。


店舗数の推移

続いて、店舗数です。

国内の直営店が64店舗、ライセンス店舗(FC)が7店舗で合計71店舗。

海外は全てライセンス店舗で、43店舗あります。全部の合計は114店舗となっています。


店舗あたりの平均年間収益(国内直営)

国内の直営店舗について、1週間あたりの平均収益が公開されています。

1週間あたり10万ドル前後売れているようです。

店舗形態ごとの年間平均販売高

店舗形態ごとの平均店舗売上も公開されています。

国内直営店舗が500万ドル(5億円強)前後、海外ライセンス店舗が333万ドル(4億円弱)となっています。

海外が下がってきているのが気にはなります。

資産の内訳

続いて、財政状況です。まずは資産の内訳。

2015年以降は総資産5.3億ドルに対して3.1億ドルと、かなりの部分が「Deferred income taxes(繰延税金資産)」になっています。

有形固定資産(Property and equipment)も1.3億ドルと、規模に対して比較的大きな設備投資を行なっていますが、マクドナルドのように「土地を所有してフランチャイジーに貸し出す」ということは行なっていないようです。

負債と自己資本

資産の調達源泉である負債と自己資本です。

借入金はほとんどなく、株式による資金調達(Additional paid-in capital)が1.35億ドルと原資の多くを占めています。

金額として大きいのは「Liabilities under tax receivable agreement」ですが、どうやら税金の支払いに関する負債のようです。

キャッシュフロー

最後にキャッシュフローです。

営業キャッシュフロー(Net cash by Operations)は徐々に増え、5428万ドルに達しています。

2016年には投資キャッシュフローが1億1476万ドルのマイナスとなっていますが、このうち5443万ドルが設備投資、残りは有価証券の購入です。

フリーキャッシュフローはまだまだゼロに近いという感じです。


いかがでしたでしょうか。

創業が2001年ということを考えると、やはり飲食店事業は展開に時間がかかるというのが大きな印象です。

シェイクシャックの成功の理由として大きいのは「ハンバーガー大好きなアメリカ人に、健康面での後ろめたさを感じずに食べられる高品質なバーガーを提供したから」なのではないかと個人的には思います。

ホスピタリティを重視する姿勢も時流に合っていると思いますし、とにかく美味しいです。今後も期待したいと思います。