障害のある方の就労支援で売上53%増加!昨年上場を果たした成長企業「ウェルビー」

障害のある方の就労支援で売上53%増加!昨年上場を果たした成長企業「ウェルビー」

今回は、2017年10月にマザーズ市場に上場した「ウェルビー」(証券コード:6556)を取り上げます。

公式HP

18/3通期売上は43.6億円(+53%)、経常利益10.4億円(経常利益率: 23.8%)

創業者の大田誠氏は以前、バイオベンチャーでガンの治療法を開発していました。

開発中に末期がんの患者と接する中で、「困っている人を支える事業がやりたい」と思うようになり、2011年にウェルビーを創業します。

障害者の一般企業への就職をサポートする就労移行支援を開始しました。

ウェルビーは就労移行支援では後発企業でしたが、大田社長は人脈や地域ネットワーク作りを重視。

他社はあまり行なわない福祉施設や行政機関への営業活動に注力したことで、数多くの顧客を獲得することに成功したといいます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

保育園の運営で毎年10%以上の増収を続ける「JPホールディングス」

保育園の運営で毎年10%以上の増収を続ける「JPホールディングス」

注目企業

東京都などを中心に待機児童問題が注目を集める昨今。今回紹介する「JPホールディングス」は待機児童問題を追い風として業績伸ばしている企業です。

毎年10%以上の売上成長率をキープ