介護っぽくないデイサービス『レコードブック』のFC展開で成長「インターネットインフィニティー」

今回取り上げるには、リハビリ型デイサービス事業などを展開する「インターネットインフィニティ」です。

創業者の別宮圭一氏は1972年生まれ。

2001年にインターネットソフト開発を目的として設立したのがインターネットインフィニティです。

当初はソフトウェアの受託を手がけており、ある時に在宅介護会社のシステム開発を受託。

別宮氏は、そこで初めて介護の現場を目の当たりにしました。

当時の介護現場はIT化が非常に遅れており、働いている方々のITリテラシーが低いことに驚いたそうです。

その現場にビジネスチャンスを見出した別宮氏は介護士の資格を取り、2002年に訪問介護事業に着手します。

その後2017年にマザーズ市場に上場します。


業績推移を見ていきましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン