2016年上場!中小企業向けM&A仲介で第3位の「ストライク」のバランスシートを見たら、呆れるほどキャッシュリッチだった

今回取り上げるのは、M&Aの仲介事業を展開する「ストライク」です。


ストライクは1997年に設立され、1999年にはオンラインM&A市場「SMART」を開設し、2001年にはネット上で無料簡易企業評価サービスを開始するなど、早い時期からオンラインへの意識が高かった会社です。

2002年には累積売買額が100億円を突破し、設立から19年経った2016年に東証マザーズに上場。


業績推移を見てみましょう。

2017/8期の売上高は31億円、営業利益11.5億円という水準で、利益率はかなり高いことがわかります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン