2023年には2倍の市場規模に!800社超が参入した戦国時代真っ盛りの「MVNO」まとめ(後編)

前編では、日本におけるMVNOの歴史から直近の市場状況まで、全体を眺めるような情報を中心にまとめました。

後編ではさらに具体的な情報として、現在の主要プレイヤーである2社の状況と、MVNO業界の今後の展望についてチェックしていきたいと思います。


業界トッププレイヤーとなった「楽天」

まずは、「IIJmio」を抜いて業界トップに躍り出た「楽天」です。


楽天はMVNOに参入する以前にも、2008年の「楽天ブロードバンド」や2012年の「楽天スーパーWiFi」など、通信事業に参入したい姿勢はたびたび見せてきていました。

そして、2014年10月に「楽天モバイル」により、NTTドコモのLTEネットワークを利用したMVNOサービスに参入。

運営母体は子会社のフュージョン・コミュニケーションズ(現・楽天コミュニケーションズ)。

2007年に東電から買収してグループ化されています。

月額料金は1,250円から、ASUSのスマートフォン「ZenFone 5」のSIMフリー端末を対応端末として採用しました。


2015年3月には「月額料金は据え置きで、高速通信容量を増やす」という施策を発表。

4月から適用され、3.1GBパックで月額900円からという料金体系を実現しています。

同じく4月には申し込み時の配送日時指定と 高速通信容量の翌月繰り越しに対応。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン