IoTスマート家電で未来の家を再定義!中国全土で700店舗を展開する「Viomi」が新規上場

2018年9月25日、IoTスマート家電を販売する中国企業「Viomi」が新規上場しました。

Viomiは2014年に設立され、現在は中国全土に700店舗ほどの販売ネットワークを展開しています。

主な製品としては、IoT化された浄水器やキッチンなどがあります。


創業者はChen Xiaoping氏という人物。タレントの「鶴瓶」氏に少し似ている気がします。

Chen Xiaoping

1999年からViomiを設立する2014年まで、Chen氏は中国の電気機器メーカー「Midea Group」で順風満帆なキャリアを歩んでいました。

インターネットに強い関心を抱いていたChen氏は、インターネットと家電を融合すればさらに顧客を満足させることができるのではないかと考えます。

2014年6月にViomiを設立。

Viomi introduction

Viomiという名前は、ラテン語で「命・生活」を意味する「Vita」とラテン語で「無限」を意味する「オメガ」が由来となっています。

「素晴らしい生活、無限のテクノロジー」がViomiのスローガンになっています。

そして同社のマークはギリシャ神話に登場する勝利の女神「サモトラケのニケ」を参考にしているそうです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

売上成長率47%!「and factory」2019年8月期2Q決算

売上成長率47%!「and factory」2019年8月期2Q決算

注目企業

アプリ開発やIoT事業を展開する「and factory」 (証券コード:7035)が決算を発表しました。

インターネットサービス売上が1700億円!?中国のスマホメーカー「Xiaomi」が新規上場

IPO

中国のスマホメーカーであり、いわゆるユニコーン企業として長いこと君臨してきたXiaomi Corporation(シャオミ、小米)が香港証券取引所に新規上場することが発表されました。