月曜日はピザパーティー!会員数1,200万人を誇るアメリカのフィットネスクラブ「Planet Fitness」

今回はアメリカのフィットネスクラブ「Planet Fitness」について取り上げます。

「Planet Fitness」公式HP

Planet Fitnessは1992年、Marc Grondahl氏がニューハンプシャー州ドーバーで創業。

しかし、小さな町では一部の運動好きしか使ってくれず、Grondahl氏は「なんでこの街の8割以上の人はジムに通わないんだ?」と疑問を持ちました。

Grondahl氏はその理由を「フィットネスに高いお金を払いたくない」「肉体を見せつけるような人たちが苦手」という2点だと考え、ジムの運営方針をガラッと転換。

会費を月額10ドルに引き下げ、1998年から「Judgement Free Zone」というコンセプトを展開。

「Judgement Free Zone」は「肉体を見せつける服装は禁止」「うなり声をあげてはいけない」など、利用者にプレッシャーを与えないためのルールです。

実際にYouTubeで「Planet Fitnessでうなり声を上げてみた」的な動画がアップされているので見てみましょう。

ジム内には「Lunk(うなり声)アラーム」という仕組みがあり、誰かがうなり声をあげるとサイレンがけたたましく鳴るという仕組み。シュールですね。

フィットネスガチ勢でなくても気軽に使える(?)ユニークなコンセプトが功を奏し、お年寄りや女性からの支持を得ることに成功。

2003年からフランチャイズ展開を開始し、2006年に100店舗を突破します。

会員数が500万人以上となった2014年にカナダへ進出し、2015年にニューヨーク証券取引所へ上場しました。

昨年にハワイで新規オープンしたことで、アメリカ全50州への出店を果たします。

業界専門誌『FITNESS BUSINESS』より

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事