カルビーの利益率が8年で3倍以上に改善した理由を探る!

今回は、カルビーの事業数値を深掘りしてみたいと思います。


まずは、ざっくりと企業としての背景を振り返ります。

カルビーの歴史

カルビーは、1949年に松尾糧食工業所を松尾糧食工業(株)として法人に改組し、 広島にて設立されました。

当初は「カルビーキャラメル」を売り出し、人気商品になったそうです。


1955年には小麦粉からあられの製造技術開発に成功、「かっぱあられ」と名付けて売り出します。このタイミングで社名を「カルビー製菓(株)」に変更。

カルビーの社名はカルシウムとビタミンB1の単語を組み合わせた造語で、健康に役立つ商品作りを目指してきたとのこと。


その後、1964年「かっぱえびせん」、1975年「ポテトチップス うすしお味」、1981年「おさつスナック」などの有名製品を発表していきます。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

累計400億食を超えたカップヌードルの生みの親「日清食品HD」

累計400億食を超えたカップヌードルの生みの親「日清食品HD」

注目企業

NHKの朝ドラ「まんぷく」登場人物のモデルにもなった安藤百福氏。カップヌードルの生みの親でもある安藤氏は「日清食品HD」(証券コード:2897)を創業しました。2016年にはカップヌードル販売から45周年を迎えました。

1948年に創業し、チキンラーメン60周年を迎えた「日清食品HD」