「来店型保険ショップ」の立役者!業界3位の『保険クリニック』を展開する「アイリックコーポレーション」が新規上場

今回取り上げるのは、新たに上場する「アイリックコーポレーション」という会社です。

日本初の来店型保険ショップ『保険クリニック』を展開しており、テレビCMで有名な『保険の窓口』の競合です。

アイリックコーポレーションHP

創業者の勝本竜二氏は1964年石川県生まれ。

地元の高校を卒業して地元の信用金庫に就職した勝本氏は、得意先を回って預金を集めるという仕事を行なっていました。

得意先の中には大手生命保険会社がありましたが、反対に彼らから生命保険に入るよう執拗に迫られることが多く、保険が嫌いになってしまいました。


23歳になって信用金庫での仕事に限界を感じていた勝本氏は、知人から外資系生保の仕事を紹介されます。

外資系なら何か違うんじゃないかと考え、旧アリコジャパン(現メットライフ アリコ)に転職。

代理店の育成業務に携わり、顧客へのプレゼン方法を代理店に指導。


そこで勝本氏は保険販売の面白さに魅了されますが、自社商品しか扱えないことにもどかしさを覚えます。

26歳(1990年)のとき二人の仲間とともに富裕層向けの保険販売店を立ち上げ、2年目には保険手数料だけで11億円を突破。

ところがバブル崩壊により、翌年には3億円に激減。

さらに、1997年の日産生命保険が破綻したことをきっかけに生命保険7社が相次いで経営破綻。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ヘルスケアECの拡大で売上6倍!中国平安保険グループ傘下のオンライン医療アプリ「平安グッドドクター」

IPO

保険会社で世界最大級の時価総額を持つ中国平安保険。

その傘下でオンライン医療アプリ「平安(ピンアン)グッドドクター」(中国名:平安好医生)を運営する平安健康医療が、今年5/4に時価総額74億ドルという大型の新規上場を香港で果たしました。

販売チャネル拡大による再加速を目指す!ネット生保市場の成長鈍化に直面する「ライフネット生命保険」

今回は、「ネット専業」の保険会社としてはじまった「ライフネット生命保険」についてまとめたいと思います。