中国初のAI英語学習アプリを提供!Google出身者が創業したEdTech企業「LAIX」が新規上場

IPO

AI英語学習アプリを提供する中国企業「LAIX」(ティッカーシンボル: LAIX)がニューヨーク証券取引所へ上場することが発表されました。

公式HP

創業者のYi Wang氏は清華大学で電子工学を学んだ後にアメリカへ渡り、プリンストン大学でコンピュータ・サイエンスのPhDを取得。

2009年からGoogle本社でキャリアをスタートさせ、Google Analyticsのプロダクトマネージャーなどを務めました。

その後、中国最大のアドテク企業「AdChina」(2015年にAlibabaが買収)を経て、2012年にLAIXを創業します。

華やかな経歴を持つWang氏ですが、LAIX誕生のきっかけは意外にも自身の失敗体験にあります。

Wang氏は留学生向け英語試験のTOEFLで満点を取得し、意気揚々とアメリカへ渡りましたが、マクドナルドのウェイターが彼の英語を理解してくれなかったそう。

中国人の同僚たちも同じように英語の発音に苦しんでいることに気が付き、同じ清華大学出身でGoogleの同僚だったHui Lin氏や開発者のBen Hu氏とともにLAIXを創業しました。

参考


Linngochampは2013年2月、中国初のAI英語学習アプリ『Liulishuo』(流利说) をローンチします。

登録ユーザー数の推移を見てみましょう。

2013年2月からわずか6か月で登録ユーザー数が100万人を突破し、驚異的な勢いでユーザー数を伸ばしています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

ポケトーク大ヒットまでの道のり~スマホ時代になんでハードウェア?~

ポケトーク大ヒットまでの道のり~スマホ時代になんでハードウェア?~

注目企業

発売2年で自動翻訳機の96%のシェアを勝ち取ったポケトーク。"スマホで何でもできる時代"にハードウェア「ポケトーク」製作になぜ至ったか、ソースネクスト社長松田氏の経営ストーリーとともにお送りします。 

ポケトークがシェア96%を勝ち取った3つのワケ「ソースネクスト」

ポケトークがシェア96%を勝ち取った3つのワケ「ソースネクスト」

注目企業

島国で生まれ育った日本人の大きな弱点は"語学力"ではないでしょうか。

今回はその弱点に目をつけ、ポケトークの大ヒットをもたらした"ソースネクスト"(証券番号:4344)について取り上げます。

受講者数は11万人超え!中国で英語教育を展開する「Meten」が上場申請

受講者数は11万人超え!中国で英語教育を展開する「Meten」が上場申請

IPO

中国で英語教育を展開する「Meten」がアメリカのニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。(ティッカーシンボル:MEDU)

法人売上は1.5倍!発表後の株価は1.7倍にまで上昇した「レアジョブ」2019年3月期本決算

法人売上は1.5倍!発表後の株価は1.7倍にまで上昇した「レアジョブ」2019年3月期本決算

マンツーマンオンライン英会話「レアジョブ英会話」を手がける「レアジョブ」(証券コード:6096)の2019年3月期本決算が発表されました。

通期売上予想を上方修正!有料会員数が200万人を突破した「Chegg」2019年1Q決算

通期売上予想を上方修正!有料会員数が200万人を突破した「Chegg」2019年1Q決算

アメリカの大学生向けの教育サービスを展開する「Chegg」が2019年1Q決算を発表しました。