創業15年で売上80億円!精神科に特化して訪問看護サービスを提供する「N・フィールド」

今回は、リクエストのあった「N・フィールド」という会社について取り上げたいと思います。

2003年2月に大阪で設立された会社で、「住宅医療サービス」に特化して事業を展開しています。

N・フィールド

創業者の野口和輝氏は1964年生まれ。

20年もの間、看護師として数多くの病院を渡り歩いてきました。


一般的に看護師という職業は、「三交替」と呼ばれる勤務形式(「日勤」「準夜勤」「深夜勤」)をこなして初めて一人前の給料をもらうことができるそうです。

看護師の地位があまり高くないと感じていた野口氏は、「昼間だけ働くことのできる」看護師の会社としてN・フィールドを設立したそうです。

つまり、当初の創業目的の一つは「看護師の地位向上」であり、知り合いの看護師と4人で設立したのがN・フィールドというわけです。


野口氏がずっと精神科を担当してきたこともあり、N・フィールドも精神科に特化した訪問患者サービスとなっています。

精神科の患者にとって、退院後も適切な薬の飲み方や、良い生活習慣を続けられているかというのが重要であるため、「訪問看護」というサービスが一番フィットする領域だったようです。


N・フィールドは2013年8月には東証マザーズに上場し、2015年には東証一部に指定。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン