割賦あっせんなど金融サービス事業が拡大!マリンアートのクリスチャン・ラッセンを見出した「アールビバン」

小売企業の営業利益率ランキングをみていて、あまり見慣れない会社を見つけたので調べてみたいと思います。

その会社とは「アールビバン」。

アールビバン

なにやら、アートに関する事業を展開しているようです。

まずは会社の歴史からチェックしていきましょう。


アーティストを発掘して「版画」で広める業態を確立

アールビバンの創業者は1953年生まれの野澤克巳氏という人物。

26歳のとき、それまでお世話になっていた先輩が絵画の仕事を始め、ギャラリーを作ってオープニングに呼ばれました。

ギャラリーを訪れた野澤氏はチンプンカンプンだったそうですが、呼ばれたということは「買え」ということだと解釈して一枚の絵を購入しました。

ところが、それを部屋に持ち帰って壁に飾ったところ、部屋の印象・空気感がガラッと変わってしまうことに気づき、それに驚きました。

そこから絵の世界に魅せられた野澤氏は、1984年に「アールビバン」を創立。

社名のART VIVANT(アールビバン)はフランス語で、「絵のある暮らし」を意味する言葉です。


絵画の世界では、高額でコレクターが限られる油絵などの原画が中心の市場です。

そんな中で野澤氏は、多くの人にとって手がとどく価格で生産することができる「版画」にターゲットを絞ります。


1989年、アメリカのアーティスト、クリスチャン・ラッセンと販売契約を結びました。

当時、アールビバンは全国でアートイベントを展開しはじめており、ラッセンブルーと呼ばれる独自の絵画を展開することで日本全国でファンが増加。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

リース事業から多角化し、多様な金融サービスを展開!事業投資で急速に収益を増やすオリックスグループ

今回は、多角的な金融サービスを展開するオリックスグループについてまとめてみたいと思います。

創業は1964年4月で、国内のリース産業の将来性に注目した日綿実業(株)と三和銀行が、日商と岩井産業の2商社と東洋信託銀行、日本勧業銀行、日本興業銀行の4行からの参加を得て「オリエント・リース(株)」として設立されました。