ZOZOTOWN並みにテイクレートが高い!世界最大のラグジュアリーEC「Farfetch」がNYSEに上場

ロンドンを本拠地とするラグジュアリー・Eコマースサイト「Farfetch(ファーフェッチ)」がニューヨーク証券取引所に新規上場することが発表されました。

Farfetch

創業者は1974年生まれのポルトガル人、ジョゼ・ネヴェス(José Neves)氏。

8歳のクリスマスでホームコンピューター「ZX Spectrum」をプレゼントされたことをきっかけにプログラミングを始めます。

1993年から1997年までポルト大学で経済学を学びながら、1994年にファッション業界向けの物流スタートアップを創業。これが最初の起業でした。


1996年には靴のデザインを始め、シューズブランド「Swear」をロンドンで創立します。

2001年には小売ベンチャー「b Store」を開始。

そして2007年に立ち上げたオンライン通販プラットフォームが「Farfetch」でした。


2013年にはファッション誌『Vogue』を展開する「コンデナスト(Condé Nast)」社から、2015年には「DST Global」から出資を受けたことで話題になりました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事