【必見】月間PV数から流通総額、決済取扱高まで!ヤフーが公開した事業数値を徹底ビジュアライズ

Zホールディングス

先週の金曜日、ヤフーが2017年度第3四半期の決算を発表しましたが、その中でヤフーが「事業指標 推移表」なるものを公開していることに気づきました。

その中では、各種広告の売上高やスマートフォン比率、PV数からコマースの流通総額まで、かなり詳しい数値が公開されています。

せっかくなので、今回はその数値を一通りグラフにしてみたいと思います。

広告売上高の種類ごとの内訳

広告売上高は2011年度1Qは381億円でしたが、2017年度3Qには778億円へと倍増しています。

内訳を見ると最も大きいのは「検索連動型広告」で、254億円から375億円に増加。

ディスプレイ広告のYDN等(アドネットワーク)売上は19億円から260億円へと、およそ6年で13倍以上に増えています。

一方、プレミアム広告は107億円から158億円(4Q'12)に増えた後に減少し、直近では142億円の売上。

比率で見てみます。

検索連動型広告の比率は67%から48%に減り、アドネットワーク売上が5%から33%に増大しています。

プレミアム広告は28%から12%まで比率が減少したものの、最近は再び18%まで上昇しています。

広告売上高に占めるスマートフォン売上高

続いて、広告売上のうち、スマホ経由の売上がどのように変化してきたかを見てみます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回30日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン