急成長中の中国・深センに保有する自社工場を再開発することを目指す「宮越ホールディングス」

適時開示を全て読むという取り組みをはじめてみたのですが、世の中には自分の知らない面白い企業がたくさんあるようです。

1日に500件もの決算発表があっても、その中で本当に読み込むのは数10社だけだったりするので、気合いと根性があれば続けていけそうです。

さて、そんな中で見つけた「宮越ホールディングス」という会社が興味深かったので、少し掘り下げてみたいと思います。

宮越ホールディングス


電機メーカーとして深センに工場を展開

宮越ホールディングスの創業は1966年ということで、かなり歴史のある会社です。

代表の宮越邦正氏は25歳のとき、東京で「東邦電機製作所」を創業、電子部品メーカーとして事業を開始しました。

1975年から77年にかけては長野県の企業4社の経営権を獲得し、生産拠点とします。


転機となったのは1977年10月。

中国政府から教育用テープレコーダーの製造技術指導の要請を受け、上海無線電第二工場と合作事業を開始。

これが日中国交正常化から最初の中国進出企業ということで、NHKの「日中経済交流をめぐって」という番組に取り上げられます。

その後も色々やっていきますが、1987年に深セン経済特別区に、13.6万㎡の土地を取得し、工場をつくって音響・映像機器の現地生産を開始。

当時は作れば売れるという時代で、ソニーのウォークマンの廉価版(ソニーではない)などを販売して従業員7,600人、年商1,200億円まで膨れ上がったそうです。

しかし音響機器業界の絶頂期はあまり続かず、徐々に会社全体を縮小していきます。


その後、2011年10月に東証一部に上場しますが、業績は思わしいものとは言えません。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

【必見】創業わずか3年で中国3位に!テンセント経済圏で爆発成長するソーシャルEC「拼多多」がIPO

IPO

今回は、中国のEコマースサイトを展開する「拼多多(ピンドォドォ)」についてまとめたいと思います。

拼多多は2015年9月に設立された新しい企業ですが、唯品会(Vipshop)や蘇寧(Suning)などのプレイヤーを抜き去り、淘宝(Taobao)と京東(JD.com)に次ぐ中国第3位の規模にまで成長しています。

SNS有料課金数が1億4,700万!動画サービスの拡大が成長を牽引する「テンセント」2018年Q1決算

中国の巨大インターネット企業、テンセント・ホールディングスの2018年Q1決算についてまとめます。

まずは四半期売上の推移から。

中華スマホメーカーとして躍進するファーウェイが所有する、スマホ事業よりも大きな事業とは

これまで、スマートフォン業界での販売台数シェアはサムスン電子が圧倒的一位で、それにアップルが次ぐという状態になっていましたが、この構図は変わりつつあるようです。