売上高46%成長のドライバーは『モンハン』ではなかった!「カプコン」2019年3月期1Q決算

今回は『モンスターハンター』『バイオハザード』『ストリートファイター』などでお馴染みのゲーム会社「カプコン」の決算が発表されたので見ていきたいと思います。

早速ですが、四半期推移の売上高を見てみましょう。

カプコンの売上高は1Qから4Qにかけて増加する傾向はありそうな推移となっています。

2018年は3Qに減少したものの、4Qには467億円まで増加。

今期の売上は172億円、営業利益は51億円となっています。

前年同期からの成長率を見てみましょう。

今期の売上高は46%成長しており、売上が減少した2018年3Qを除けば大きく成長を続けていることがわかります。

営業利益率は前年同期の5.5倍と圧倒的な成長をしています。

カプコンの売上高の内訳を見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン