足し算引き算の寄せ集めに過ぎない!「3つの流れ」で理解する決算書の読み方

Stockclipでは、決算書の読み方を知らない人でも気軽に読んでいただけるよう頑張っています。

とはいえ知っていた方が楽しいと思うので、今回は決算書の読み方についてまとめてみたいと思います。

知らない方にとっては一見むずかしく見える決算書ですが、実際には「足し算引き算の集合体」でしかありません。

それをお伝えするのがこのエントリの目標です。

企業活動を構成する3つの流れ

決算書は「会社の状況を報告する書類」ですから、読むには「企業活動の流れ」を知っておく必要があります。

それさえ押さえれば難しいことはないのですが、そこを切り離して読もうとするから分かりにくく感じるのではないでしょうか。

世の中の企業活動は例外なく次の3つのステップから成り立っています。

以上の3ステップの状況を報告するために使われるのが「決算書」です。

少し詳しく見てみましょう。

① お金を集める(調達)

事業を始めるには、まずは資金を集める必要があります。

株式会社の場合、資金を調達するための主な方法は次の三つ。


② 集めたお金を投資する(投資)

資金を集めたら、そのお金を事業のために投資します。

投資すると、資金は「現金」から「土地」「建物」「ソフトウェア」など、他の資産に形が変わります。

③ 事業を実行する(執行)

資金を集めて、必要な資産に投資したら、いよいよ事業を行います。

人を雇って何かを販売し、売上から費用を引いた結果が利益として残ります。

株式会社の場合、残った利益は株主に分配され、それでも余った分はステップ①に回り、再投資されます。


以上が事業の3ステップです。

本当にこれだけですし、実際に読んでみるとバカバカしいくらい当たり前のことです。

例えばスーパーマーケットの場合なら、

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン