中国店舗数が5年で3倍弱に!海外事業と国内ECの成長が注目の「ファーストリテイリング」決算まとめ

今回は「ユニクロ」「GU」などを運営するファーストリテイリングの決算についてまとめたいと思います。

期末は8月なので、今回発表されたのは3Q決算。まずは3ヶ月ごとの売上高の推移を見てみましょう。

3Q(3~5月)の売上は5173億円となっており、前年同期の4604億円と比べて12.4%の増収。

1Q(9~11月)、2Q(12~2月)より売上が落ちていますが、これはユニクロの売上に季節性があるためです。

冬場の方が単価も高く、「ヒートテック」などの買いだめも起こるため売上が増えやすいことがわかります。

売上の前年変化率をグラフにしてみます。

2016年から2017年にかけての一時期、成長率は落ち込んでいましたが、今期は安定して10%を超える増収率となっています。


売上構成の変化について見てみましょう。



続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン