Twitterで大口をふるう田中社長の戦略は功を奏しているのか?ロコンドの決算数値を分析!

かねてよりワッチしている「靴」を中心としたオンライン通販企業、「ロコンド」の決算が出たのでまとめておきたいと思います。

ロコンドはいつからか、社長である田中裕輔氏のTwitterでの発言が目立ちますが、そうした面での良し悪しはおいておいて、「事業の状況」について数字ベースで考えてみたいと思います。


今回の決算説明資料は、次のようなスライドから始まっています。

「トップライン」は一般的には「売上」のこと。ロコンドは今四半期、売上13億7,100万円と前年から53.6%の増収を実現しています。

「ボトムライン」は一般的には「純利益」のことで、2倍と書いてありますが実際には1億2,700万円の赤字です(前年同期は4,700万円の黒字)。

これは一体どういうことでしょうか?

全力二階建て」上で話題にもなった「広告費用前営業利益」のことのようです。

「広告費を除いた利益」という概念自体はマネーフォワードやGunosyなどの会社が過去に決算説明資料で使用しており、決して突飛な発想というわけではありません。

Gunosy 2015年5月期決算説明資料


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

創業者は元サッカーニュージーランド代表!Allbirdsの創業ストーリー

創業者は元サッカーニュージーランド代表!Allbirdsの創業ストーリー

特集

現在、アメリカで大人気の靴を販売している『Allbirds』という会社があります。

Allbirdsは『世界一快適なスニーカー』と称されており、シリコンバレーで一大ブームを引き起こしました。