タオバオやTik Tokも利用!中国スマホの90%をカバーするデータ分析企業「オーロラ・モバイル」

IPO

ビッグデータ分析・開発者向けサービスなどを提供する中国の极光 (オーロラ・モバイル)が、NASDAQに上場申請書を提出しました。

調達金額は2億ドルが予定されています。

企業サイトより)

2011年の設立から7年で上場

会社名の「极光」は「オーロラ」という意味があります。

深圳に本拠地を構えながら、北京・上海・広州などにもオフィスを開いています。


現CEOの羅偉東(英語名:Weidong Luo)氏と陳菲(英語名:Fei Chen)氏が共同創業者として創業。


羅偉東氏は中国人民大学を卒業後、2003年に香港理工大学から全額給付の奨学金をもらい同修士課程へと進みました。

しかし当時の香港はSARS流行の真っ最中で大変な社会状況にありました。

感染を防ぐために大学の食堂でも1人1人黙って食事をとり、テレビをつければ感染への注意を促す内容ばかりが流れている始末でした。

追いうちをかけるように、彼の好きだった香港人歌手レスリーチャンが自殺してしまい、羅偉東氏はますます陰鬱な気分になってしまったそうです。

そんな人々の対面での交流が減る状況の中、羅偉東氏は自らエンジニアコミュニティサイトを作っています。これが羅偉東氏の1回目の起業です。


一方、もう一人の共同創業者である陳菲氏は清華大学を卒業後、シカゴ大学のMBAも取得しているエリートです。Citibankのマネージングディレクターを務めた経験なども持ちます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

【必見】創業わずか3年で中国3位に!テンセント経済圏で爆発成長するソーシャルEC「拼多多」がIPO

IPO

今回は、中国のEコマースサイトを展開する「拼多多(ピンドォドォ)」についてまとめたいと思います。

拼多多は2015年9月に設立された新しい企業ですが、唯品会(Vipshop)や蘇寧(Suning)などのプレイヤーを抜き去り、淘宝(Taobao)と京東(JD.com)に次ぐ中国第3位の規模にまで成長しています。

フードデリバリーから民泊まであらゆるサービスを扱う中国ユニコーン「美団点評」が香港に上場

中国の代表的なユニコーン企業、「美団点評(Meituan Dianping)」が香港証券取引所へのIPOを申請しました。

美団点評は、2015年に「美団(Meituan Corporation)」と「点評(Dianping Holdings)」が合併してできた会社です。

MAU1億人突破!ライブ動画で急成長の中国マッチングサービス「Momo」2018年Q1決算まとめ

かねてよりワッチしている中国のインターネット企業「Momo」の2018年Q1決算が出たので、財務面をチェックしていきたいと思います。

まずは、売上高の四半期推移を見てみましょう。