年間1.8億件の被害をもたらすランサムウェアに対抗!電子メールの安全化SaaS「Mimecast」

米ヤフーユーザー30億人分の情報流出、GMOの顧客情報流出、仮想通貨取引所への相次ぐハッキング。

皆さんもこれらの事件は記憶に新しいのではないでしょうか。

これらの事件に代表される、不正アクセスによる被害は年々増加しています。


Statistaによると、サイバー攻撃の一種、ランサムウェアによる被害は昨年1.8億件あったそうです。

1日あたりにすると、約50万件。

他のサイバー攻撃を全て足し合わせるととてつもなく多くの被害が日々出ている事がわかります。


また、情報流出の伴うサイバー攻撃の手口を調べると、なんと91%がフィッシング詐欺であるという研究がありました。

つまりメールのセキュリティ対策をしっかり行い、フィッシングを防ぐ事で企業からの情報流出件数を一気に減らす事ができるのです。


今回皆さんに紹介するMimecastは「企業のためにEmailをより安全にする(Making Email Safer For Business)」というミッションを掲げ、Emailのセキュリティーサービスをクラウド上で提供しています。

ホームページ

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

なぜメールを送るためのサービスが必要なのか?累計1兆通を超えるメール送信SaaS「SendGrid」

今回は、アメリカのSaaS企業「SendGrid」についてまとめたいと思います。

SendGridは、アメリカのインキュベーションプログラム『TechStars』出身のベンチャー企業です。