7年間で営業利益率4倍!年間1億冊のキャンパスノートを販売するオフィス用品・家具メーカー「コクヨ」

今回は「キャンパスノート」でおなじみのオフィス用品メーカー「コクヨ」について取り上げたいとおもいます。

1905年、帳簿の表紙屋として「コクヨ」は大阪市内に誕生しました。

当時、創業者の黒田善太郎氏は弱冠26歳で、当初は「黒田表紙店」という店名で、和製帳簿の表紙だけを製造していました。

(当時発売されていた記帳)

「コクヨ」の企業理念に「カスの商売」というものがあります。

どんなに利益が上がらないカスのような仕事であっても、人の役に立ち続けていれば、いつかは必ず商売になるというもので、創業者の黒田氏が提唱したものです。


1913年には、洋式帳簿をはじめ、伝票、仕切表、複写簿、便箋といった製品も作り始め、紙製品メーカーとしての地位を確立します。

そして1917年には、社名を「国誉」に変更しています。

(当時のロゴ)

1960年、創業者の黒田善太郎氏は息子である黒田暲之助氏を社長に任命します。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

18歳からクッションを研究!元祖「人をダメにするソファ」をアメリカで販売する「Lovesac」が新規上場

2018年6月25日、アメリカで家具を販売する「Lovesac」がナスダックに新規上場しました。

Lovesacのティッカーシンボルは「LOVE」。もっとも美しいティッカーかもしれません。