カメラや時計などの「専門的高額」商材に特化!リユース領域で店舗・オンラインのハイブリッド買取販売を手がける「シュッピン」

今回取り上げるのは、リユース領域で事業を展開する「シュッピン」です。


1994年に、(株)マップグループにてカメラ事業「Map Camera」を開始したのが始まり。

2005年に分社化され、2006年には時計事業「GMT」、2008年には自転車事業「map sports(現・CROWN GEARS)」を開始。

2012年に東証マザーズに上場したのち、2015年には東証一部に指定。


業績推移を見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

【写ルンです】が大ヒット!市場規模1/10の危機を乗り越えた「富士フイルム」の歴史

【写ルンです】が大ヒット!市場規模1/10の危機を乗り越えた「富士フイルム」の歴史

注目企業

今回は「写ルンです」などのフィルムカメラでおなじみの「富士フイルム」が、デジタルカメラへの移行の危機をどうやって乗り越えたのかを見ていきます。

富士フィルムといえば有名なのは「フィルムカメラ」です。

Web会員が40万人突破! 「シュッピン」2019年本決算

Web会員が40万人突破! 「シュッピン」2019年本決算

ECを中心にリユース品を買取・販売を行う「シュッピン」(証券番号:3179)の2019年本決算が発表されました。