グローバル化の成功の裏で利益率の低下に苦しむH&Mの財務状況に迫る!

今回は、海外におけるファストファッションの代表格とも言えるH&Mについて調べます。

H&Mの歴史

1946年、30歳の起業家だったアーリング・パーションは、アメリカを旅行する中で、ニューヨークで新しい女性向けファッションの販売方法を思いつきます。

そして翌年、スウェーデンのヴェステロースで女性向け衣料品店「Hennes」を開店。Hennesとはスウェーデン語で「Hers(彼女のもの)」という意味だそうです。

すぐに有名になったロゴはアーリング自身がデザインしたもので、急速に人気を獲得していき、ストックホルムの街に次々に店舗を開いていきます。

当初のコンセプトは「最新のファッションを手頃な価格で(Frequently updated fashion at affordable prices)」というものだったそう。

1968年にはストックホルムで狩猟アパレルや釣り用品を販売していた「Mauritz Widforss」を買収し、名称を「Hennes & Mauritz」に変えます。

この買収により、H&Mにとっては男性やキッズ向け用品を販売し、家族全員をターゲットとすることになります。

1974年にはストックホルム証券取引所に上場し、ブランド・ロゴも「H&M」として一新されます。

1982年にはアーリングの息子、ステファン・パーションが2代目CEOに就任。


1990年代にはモデルの「ビッグ6」と呼ばれた、エル・マクファーソン、シンディ・クロフォード、ナオミ・キャンベル、クラウディア・シファー、クリスティー・ターリントン、リンダ・エヴァンジェリスタなどを起用し、ファッション業界における象徴的な存在に。

1998年にはオンライン・ショッピングも開始。

2000年には、ニューヨークの5番通りにフラグシップ店舗を開店。意外にもこれがアメリカで最初の店舗で、これがヨーロッパ以外での海外展開の一歩目でした。

2007年には上海や香港にも進出しています。


全体業績

それでは、H&Mの事業数値を見ていきましょう。まずは全体業績の推移です。

売上高は2228億スウェーデン・クローナ(およそ3兆円)にまで達しています。営業利益は238億スウェーデン・クローナ(3285億円)で、営業利益率は10%台で推移しています。

2008年以降、利益率は半分近く下がっています。

コスト構造

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事