世界各国で「戦略的パクリ」を展開!ドイツのインキュベーター『ロケット・インターネット』(前編)

世界各国で「戦略的パクリ」を展開!ドイツのインキュベーター『ロケット・インターネット』(前編)

ドイツのインターネット系企業に「ロケット・インターネット」があります。

彼らはいわゆる「インキュベーター」で、生まれて間もないスタートアップ企業に投資し、積極的に事業に関わって大きく育てるのが仕事です。


ロケット・インターネットは、シリコンバレーで成功したスタートアップ企業を徹底的に「パクる」ことでも知られています。

古くはAmazonから、Facebook、Airbnb、Grouponなど、ありとあらゆる成功したスタートアップのアイデアを丸パクリしては、アメリカ以外の市場で展開。

単に彼らのことを「このパクリ野郎」と思っている人は少なくなく、評判はあまり良くありません。

ただ、そういった印象を持たれるのも彼らが成功しているからであり、(アイデアはパクリだけど)成功するスタートアップを確度高く生み出してきたというのは事実。


日本でも孫正義氏が「タイムマシン経営」として、ある意味では近いアプローチで成功した起業家です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

エコ先進国ドイツで電動スクーター乱立!「TIER」「Flash」「WIND」

エコ先進国ドイツで電動スクーター乱立!「TIER」「Flash」「WIND」

ヨーロッパの中で電動スクーター市場が盛り上がってきたのがドイツです。EU最大のGDPを誇るドイツといえば自動車ですが、マイクロモビリティも着々と浸透中。ベルリンが拠点でライバル関係の3社があります。

「最高に嫌なヤツ」のおかげ!?「シリコンバレー」はどのようにして始まったのか

スタートアップ

日本でも「スタートアップ」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、当然ながら「新しい中小企業」という存在自体は昔からありました。(どんな企業も最初はそうです)

それではなぜ近年「スタートアップ」という名前が定着したのか。