創業58年で無借金経営にピリオド!日本のモノづくりを支える専門商社「トラスコ中山」の強みと変化とは

今回は、日本のモノづくりを陰で支える専門商社、「トラスコ中山」についてまとめてみたいと思います。

創業は1959年のことで、「中山機工商会」として大阪で機会工具の卸売を始めます。

機会工具業界では最後発だったため、有名ブランドからの商品供給は限られていました。

そこで「工具以外でモノづくりに必要な商品」の開拓を進め、その中で1964年にプライベート・ブランド「光明丹(こうみょうたん)」の販売をスタート。

一見ただの粉にしか見えませんが、「擦り合わせ」という作業に使う定番商品だそうです。


1981年にはホームセンター業界への卸売を開始し、1989年に株式を店頭公開(今でいうJASDAQ上場)。

1994年に現在の社名へ変更し、創業者の息子である中山哲也氏が社長に就任。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン