アリババの投資先が上場!中国でロジスティクス事業を展開するBEST Inc.とは?

IPO

先日、中国でロジスティクスサービスを提供するBEST社(BEST Inc.)という会社がNYSE (ニューヨーク証券取引所)に上場することが発表されました。

(日本で「Express」サービスを提供していないことを笑顔で伝えてくれます)

BEST社は中国杭州に本社をおくロジテスティクス企業で、サプライチェーン・マネジメントやエクスプレス配送、貨物運送の3つを主な物流サービスとして提供しています。


特徴的なのは、BEST社の株式の23.4%がアリババグループに保有されていることです。

アリババの出資先が上場したということで、どんな会社か少し気になったので掘り下げてみたいと思います。

BEST社の歴史

BEST社創業者のJohnny Chou Shao-Ningは2006年までグーグルの中国支社におけるセールス・ヘッドを務めていた人物で、彼の退職はニュースにもなっています。

Google Loses Top Adman In China(2006年)

そのジョニー氏が2007年に立ち上げた会社がBEST社でした。


最初に出資を受けたのが、現在の中国ECの巨人アリババと、台湾の電子受託製造会社フォックスコンでした。


2010年には上海にてEコマース向けのOFC(Order Fulfillment Center)を設置。

Eコマース向けのロジスティクス企業として成長を続けていきます。


2016年にはオーストラリア、日本、韓国にも事業を拡大しているそうです。

そして今月にNYSEに上場、という流れです。

BEST社の事業

次に、BEST社が具体的にどんな事業を展開しているのかを調べてみます。

1. サプライチェーン・マネジメント

一つ目は、サプライチェーン・マネジメントです。そこでは、BEST社は大きく「Cloud OFC」「E-Cross」という二つの点をアピールしています。

OFC(Order Fulfillment Center)は直訳すると注文履行センターです。

Eコマースの場合、消費者から注文を受け、それを実際の配送プロセスにまでつなぐ機能を提供します。


BEST社は、提携企業のロジスティクス・プラットフォームにおける在庫などの情報をクラウドを通じて同期することで、サプライチェーン上でいつでも最適な意思決定が下せるようにします。

ざっくりいうと、クラウド上に物流に関する情報を同期することで、配送がものすごく効率的になる、ということですね。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン