女性を中心に250万人が利用!アメリカのパースナル・スタイリストサービス「Stitch Fix」

今回は、パーソナル・スタイリストサービスを提供するアメリカ企業、「Stitch Fix」についてまとめます。

ウェブサイト

創業者のKatrina Lake氏は1983年生まれ。

2005年にスタンフォード大学を卒業後、戦略コンサルティング会社「パルテノン・グループ」で勤めたのち、いくつかの会社で勤務。

2009年にはハーバードビジネススクール(MBA)に入り、2010年にStitch Fixのコンセプトを思いつき、試験的にサービスを運営します。

2011年にMBAを取得すると、11月に「StitchFix」のウェブサイトをオープン。

2013年2月には従業員数49名までふくらみ、475万ドルの資金を調達(シリーズA)。

同年11月には名門ベンチャーキャピタル「Benchmark」を中心に1200万ドルの資金を調達しています(シリーズB)。

2014年2月には従業員数455名まで拡大し、2016年3月には男性向けサービスも開始。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

【保存版】FacebookからZOZOTOWNまで!押さえておきたいインターネット企業の重要KPI11選

たまにはこういうまとめも良いのではないかということで、今回は「インターネット企業の重要な事業KPI」を集めてみたいと思います。

何を持って「重要」とするかは難しいですが、独断と偏見によると、現在のインターネット企業の中でもっとも大きなインパクトを持っているのは「メディア(SNS含む)」「Eコマース」「決済」の三つです。

時価総額が1兆円を超えたスタートトゥデイだけど誰が買っているのか?

2007年12月11日に公開時時価総額200億円、初値時価総額319億円で上場した「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ。

そのスタートトゥデイが、2017年8月1日に時価総額が1兆円を超えました。