1958年に創業!名峰・谷川岳の山頂に残る雪から名付けられたアウトドアブランド「スノーピーク」

今回は、新潟のアウトドアブランド「スノーピーク」についてまとめたいと思います。

ホームページ

歴史は長く、創業者の山井幸雄氏が1958年に金物問屋を立ち上げたのがはじまり。

登山家でもあった幸雄氏は1959年、「本当に欲しいものを自分でつくる」とオリジナルの登山用品を開発します。

質の高い登山用品は徐々に注目を集め、1963年にスノーピークの商標を登録、1976年には自社工場を設立。

1986年には幸雄氏の息子、山井太氏(現社長)が入社。

太氏は、ヒッピー的なイメージを持たれていた「キャンプ」に注目。スノーピークをオートキャンピングブランドとしてリニューアルするとともに、家族の絆を深める豊かな時間としてのキャンプを提唱。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン