コンピューティングの未来を見ているかのよう!2016年から2年間のMicrosoftの買収先14社まとめ

先日、アメリカITの巨人「Microsoft」が、開発者向けサービスを運営する「Github」を買収することが発表されました。

Microsoft + GitHub = Empowering Developers

Microsoft to acquire GitHub for $7.5 billion

Githubには2018年3月時点で2800万人の開発者が登録しており、8500万のコードレポジトリが共有されているとのこと。

買収総額は75億ドルで、Microsoft株式による買収です。


自分もそうですが、多くの開発者にとってGithubは特別な存在であり、コミュニティの性質から言って唯一無二のプラットフォームです。

75億ドルという金額はとてつもなく大きく、これを超える買収は2016年のLinkedIn(262億ドル)くらいのものですが、それだけインパクトの大きな買収であることは間違いありません(財務的な妥当性は置いておいて)。


Twitterを見ていて、Microsoftの過去の買収について調べたいという声を散見しました。

今回のエントリでは、Microsoftが実際に行なった直近の買収案件について整理してみたいと思います。


歴代の代表的な買収先

近年の買収リストをまとめる前に、まずはマイクロソフトの歴代買収先のうち、代表的なものをおさらいしてみましょう。

① Hotmail(1997年)

Webメール「Hotmail」を5億ドルで買収。

② LinkExchange(1998年)

2.65億ドル。

③ Visio Corporation(2000年1月)

聞きなれない名前ですが、13億7500万ドルで買収。

④ Titus Communications(2000年4月)

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン