サイバーエージェントの事業数値から見る事業の変遷

注目企業の決算数値を追うシリーズ、今回はサイバーエージェントです。

サイバーエージェントの概要

サイバーエージェントは1998年に藤田晋氏によって設立されたインターネット企業。

同年、自社開発の広告商品「サイバークリック」の販売を開始。そして2000年には早くも東証マザーズへの上場を果たします。

2004年に「アメーバブログ(現Ameba)」、2009年には仮想空間アバターサービス「アメーバピグ」を開始。

2011年からゲーム事業に進出すると、2012年にはスマートフォン向けゲーム「Rage of Bahamut」が全米No.1を記録。

2016年にはインターネットテレビ局「AbemaTV」を開局するなど、今なおチャレンジを続けている企業です。

全体の業績がこちら。

眩しいばかりの右肩上がりで、売上高は3000億円を突破しています。

営業利益率は概ね10%前後で推移しています。

コスト構造

サイバーエージェントのコスト構造を知るために、営業費用の対売上比率をみてみます。

売上原価率は60%前後で推移し、近年は64%前後に少し上昇しています。

一方、販管費は2002年ごろは40%を超えていたのが、近年は24%前後にまで落ち着いています。

販管費の主な内訳である給与手当と広告宣伝費などの対売上比率の推移をみてみます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン